数年前のドラマだけど僕が大好きで見ていたのが「素敵な選taxi」です。
脚本がバカリズムさんで、主演が竹野内豊さん。
好きな時間まで戻る事が出来るタクシーの話なんです。
毎回ゲストが出演して、戻りたい過去でやり直すんだけど結局うまくいかない。
でも納得する事ができる。その案内人が竹野内さん。
うちの妻が竹野内豊のファンって事もあって見てたんだけど、意外と面白くて家族でハマったドラマだった。
恋愛話がメインなんですが、時にはハートフルな高齢夫婦の話だったりするのが実にツボ。

タイムリープする感覚がないので、その感じをどうにかだそうとサンバイザーを使ったり、効果音を使ったりするベタさも面白い。
そして、何よりタクシーが昔の車。ほぼクラッシックカーと言えるほどの年代もの。

あ、それで僕がタクシー運転手になったわけじゃないよ。
車の運転が好きだからという単純な理由だから、ドラマの影響って言った方がカッコよさそうだけどね。

一人で流している時に、こっそり素敵な選taxiごっこをしている事も内緒。
妄想するのも面白いんだよね。
今ここで、こういう女性が乗り込んできて困っている。
僕はそこで「過去に戻りますか?」って聞いてみる。
料金が高いというやり取りのくだりまでやって飽きちゃうんだけど。

あー、この前そんな妄想をしながら走ってたら中年のお客さんが手を上げてて乗車したんだけどいわゆる職業差別っていうの?カースト?マウンティング?
まぁ、そういう発言をされたわけ。
気楽な運転手には分からないだろうが、俺は今から大きな取引を控えている的な。
笑って流したけどさ、じゃあタクシーがなかったらその急ぎの取引は間に合わないんじゃないですか?って言いたくなった。

そういう僕でも憧れる職業はある。
お抱え運転手ってヤツ。
そんな事もあってスマホで求人サイトを開いてハイヤー運転手の求人を探した。
お抱え運転手ってそういうところからお声がかかる事もあるらしい。
年齢的にも資格的にも運転キャリア的にも問題ない僕。
応募するだけなら数社ある感じ。
株式会社グリーンキャブの評判 ハイヤー運転手の求人が条件が良さそうだ。
でも、僕がハイヤー運転手ってどうもしっくりこない気がする。
自分で想像しただけで笑ってしまいそう。
しっくりくるまでは、タクシー運転手として選taxiごっこしながら過ごそう。
今日はどんなお客さんとの出会いがあるかな?
安全運転で行って来ます。